ARUYOGA

ARU YOGA

現役フリーヨガイストラクターによる、ヨガをはじめ、健康にまつわるアレコレ話

MENU

【実体験】ヨガインストラクターになって良かったこと・悪かったこと

ヨガのインストラクターの仕事ってどんな感じなんだろう...。先生たちはいつも笑顔の人が多いから楽しいことが多いのかなって思うけど、どんな大変なことがあるんだろう?ちょっと興味があるからいろいろ聞いてみたいな〜。

 

\ヒョコッ!/

こんにちは。フリーヨガインストラクターaruyogaです。その疑問、私がお答えしましょう!

f:id:aruyoga:20200421140700p:plain

ヨガインストラクターをしていると、この仕事に興味のある生徒さんに「ヨガインストラクターになって良かったことってなんですか?」と聞かれること、度々あります。

筆者自身もヨガのインストラクターになる前は、「なんか健康でハッピーな先生が多いけど、そんなに楽しい仕事なのかな〜?」と感じていました。

でもね、当たり前ですが、楽しいことだらけではありません!(笑)

 

というわけで!今回はヨガインストラクターになって良かったこと、また、一方で悪かったことについてまとめていきます〜!

 

\ちなみに...!/

この記事を書いているaruyogaはこんな人物。

ヨガや健康に関しては知識があるので、安心して記事を読んでくださいね。 

f:id:aruyoga:20200320232630p:plain

 

 

ヨガインストラクターになって良かったこと

f:id:aruyoga:20200126171835p:plain

では、早速ヨガインストラクターになって良かったことをお話していきますね。

参考にしてみてください〜。

  

太り辛くなった

本格的にヨガインストラクターとしての活動を始めると、1日に1レッスンはレッスンをもつことが多くなりました。

おかげさまで、必然的に運動量が多くなり、食事制限を特別にしなくても太り辛くなったんです

それまでは、食べたらその分太ってプクプクした...(笑)

 

ただし、ホットヨガのレッスンをやりすぎたときには痩せすぎて周りの人に心配されてしまったっときもありましたが...(涙)

何事も程々が良いですね。

 

 

自分のことが好きになった

ヨガは、呼吸をとても大切にしており、自律神経を整える働きがあります

この効果のおかげで、ヨガを始める前と比べて心が穏やかに保てるようになりました

 辛いことがあっても気持ちの切替が本当に早くなったな〜と感じます。

 

ポジティブに考えることが上手になったので、小さな幸せに気付きやすくなり、結果的に前より自分のことが好きになれました

 自分の好きなことを仕事にできているというのは何よりも自信に繋がっていると思います。

 

 

若くみられることが多い

これは、筆者だけではなく、ヨガインストラクター全体に共通する話だと思います。

 

ほんっとに!!ヨガインストラクターには年齢不詳の人が多い!!

同じスタジオで働いている人にも初めて会ったときに実年齢を聞いて驚いた人がめちゃくちゃいます。

 

一体何故なのか?

\この疑問について言及した記事はコチラ!/

www.aruyoga-kokochiyoku.com

 

筆者もアラサーなのですが、まだ大学生にみられることが多いです。(お世辞かもしれませんが...)

ヨガインストラクターは、仕事でヨガをしながらアンチエイジングまでできちゃうお得な仕事だと思ってます!

 

 

とにかく健康になった

今まで書いたことのまとめみたいになってしまいますが、良かったことをザックリまとめるとコレになります。

 

ヨガインストラクターとなり、ヨガを実践する機会がグンっと増えたこと、健康に関する知識が増えたことで、それまでの不調が改善され、心と身体の健康レベルがアップしました!

 

どんな不調が改善されたかというと、具体的にこんな感じ。

  • 身体が柔らかくなった
  • 肩こり改善
  • PMS(月経前症候群)がよくなった
  • 自律神経が整った
  • 必要な部分に筋肉がついた

 

 

親しい人へ健康面での助けができるようになった

これは筆者が個人的に思っていることですが、ヨガの生徒さん以外にも近しい人へのレッスンのお手伝いができるのはとっても嬉しい。

 

例えば、股関節痛の母へ向けて股関節痛に利く短めのレッスンを提供したり、うつ病の友達へ瞑想を勧めたり...などなど。

誰かの役に立てているって実感すると、とってもあったかい気持ちになりますよね! 

 

 

 ヨガインストラクターになって悪かったこと

f:id:aruyoga:20200228212103p:plain

さて、ヨガインストラクターになって良かったことはたっくさんありますが、もちろんう〜ん...と感じたことがあるのも事実です...。

 

どんな仕事でも良い面・悪い面があるものですよね!

ここからは、ヨガインストラクターになって困ったことをお話します。

 

 

ケガをする機会が増えた

毎日ヨガをするためには、それだけ毎日しっかりと自分の身体をケアしないといけません。

柔軟、筋トレを怠けてしまうと、それだけケガに繋がりやすくなります

 

筆者も以前筋トレを怠ったために、自分が使いやすい筋肉ばかり使ってしまい、腰を痛めた経験があります...(泣)

それ以来、しっかりと身体のメンテナンスをするようになり、その後は怪我知らずです!

 

 

ガッツリは稼げない(人によるかもしれませんが)

大手スタジオで正社員ヨガインストラクターとして働くのであれば、何にも問題はありません。

 

ですが、フリーヨガインストラクターとして働く場合はガッツリ稼げない可能性があります

 

毎日2〜3レッスンを担当できれば可能かもしれませんが、自分とスタジオとの契約となり、スタジオ間の移動における交通費も自腹の場合が多いため、なかなか難しかったりします...。

ガッツリ稼ぐためには、仕事獲得力とスケジュールの調整力が必要となります!

 

\ヨガインストラクターの収入事情についての記事はコチラから/

www.aruyoga-kokochiyoku.com

 

 

妊娠をした場合仕事がなくなる可能性有り

これ、筆者が実際に1番困ったな〜と思ったこと。

 

これもまた正社員ヨガインストラクターであれば何にも問題がないのですが、フリーヨガインストラクターだと結構辛い。

 

ぶっちゃけ筆者は妊娠してから契約が無くなったり、担当が少なくなってしまったスタジオがあります

 

つわりが酷く、一定の期間レッスンを持てなかったため、仕方がないのですが、とてもとてもショックでした。

お腹が大きくなるとできなくなるポーズも増えていきますし...。

旦那の収入で生活はしていけるので、お金の面で困ることはありませんでしたが、時間を持て余す結果となってしまいました。

 

 

 

まとめ

f:id:aruyoga:20200228213014p:plain

いかがでしたか?

 

ヨガインストラクターって大変なこともあるけど、幸せな気持ちをいっぱいもらえる素敵な仕事だと筆者は思っています!

 

ぜひ参考にしてくださいね。

\この記事を読んだあなたには、コチラの記事もオススメです!/

www.aruyoga-kokochiyoku.com